おすすめの朝食

朝食が何を食べるのが最も良いですか?これから紹介します。

子供の朝食:子供は発育する盛んな時期で、豊富な蛋白質とカルシウムを補充するのはとても重要です。まず、防いで虫歯と肥満にならないように、糖分量の高い食物を食べないでください。通常1杯の牛乳、1つの卵とパンは最も良いです。時にはビスケットあるいは饅頭を取ってもかまいません。

青少年の朝食:青少年の時期に体の発育が速いから、十分なカルシウム、ビタミンC、Aなどの栄養が必要です。青少年の適切な朝食は牛乳1杯、新鮮な果物一つ、卵1つと饅頭、パン、ビスケットなどの炭水化物です。

中年の朝食:中年の老化を緩めるため、豊かなタンパク質、ビタミン、カルシウムなどを含むほかに、低カロリー、低脂肪を維持するべきです。一般的に饅頭とパンはいいです。もしも卵を食べて、卵黄を食べないでください。野菜を食べるなら更に良いです。

普通は起きた後、20~30分くらいで朝食を食べるのは最も適切です。朝食は少なくとも500ミリリットルの水分を飲んでください。起床後、1杯のはちみつの水をを飲むのは養生の一つです。食欲はあまり強くない人と、消化能力が弱い人が必ず消化しやすい朝食を選んで、もし朝はスポーツ訓練をすれば、できるだけ先に水を飲んで、その後外出したほうがいいです。