ベストな朝食の条件

道三流は、桃山時代から江戸初期にかけての日本の医学の主流をなし、日本の伝統医学が独 自の発展をとげる基礎をつくった。道三流と、これから発した学派は「後世派」とょばれる。 先に行ったのに後世派といぅのは、その前に「傷寒論」『金匝要略」の時代の医学があるから である。

ここで漢方医学史上の画期となる大きな転機がおとずれる。江戸時代になってから儒教が施 策の基本と定められたことも影響して、従来のわが国の医療方針は大きく変化した。太平がつ づいた元禄のころには、医学と儒教の根本はーつであるといぅ考ぇが朝食になり、ついに古典 に対する疑いと、権威の盲従への反省が高まって、医家が主導権をもつ思想革命が起こった。 つまり実証主義を重んじる古代回帰の思想で、ョーロッパのルネサンスに似た現象である。

後世派医学の観念論的方法論に批判の眼を向けた革新的な医家たちは、実証主義にもとづい た中国医学、とくに「傷寒論Jの方法論を臨床的に追試し、しだいに独自の経験を稍みあげて、
新しい医学体系をつくることに成功した。この学派は後世派に対して「古方派」とよばれる。

「朝食抜き」の悪影響は多いです。「早寝早起き朝ご飯」は健康の方針です。ベストな朝食はなんですか?ベストな朝食の条件はなんですか?

永田徳本(五一三〜一六三〇)は伝説に包まれたナゾの人物で、武田信玄に用いられ、甲斐 にいた期間が長かったので、甲斐の徳本とよばれた。

徳本は実証的なr傷寒論jの立場をとり、経験を重ねてかれ一流の医学を完成した。神宗の 影響を非常に受けて、体験と直観による医術を考究し、病気の原因はすべて8|滞によるものと し、病名を決めずに症候の類似をもって分類し、従来の医家の消極的な温補主義を排して、攻 擊的な峻剤を頓服的に用いて十分な効果をあげていた。