ベストの朝食は何?

心理学でいう「事実の否定」とは、自分にとつて不都合なことや痛となる事実を、それほどのことでもないかのように、あるいは そんなことはそもそも存在していないかのように振る舞つたり、または自分をもそのように信じ込ませてしまうことをいう。これは、 人間が自己を防衛するための最も原始で、しかし最有カな方法である。本当は親に苦痛をしいられている(あるいは過去において そうだつた)子供が、自分の親は神な存在で人間だと主張したり、自分で本当にそう信じていたりするのもそのひと つだ。時には、親が立派な人間だと信じじていたいあまり、小さなころにどんなことをされたのか塞心れてしまつていることすらある。ベストの朝食は何?ベストの朝食レシピを勧める!

しかし、このように親を否定することによつて得られる心の平安は、あつても一時的なものでしかなく、そのために支払わなくて はならない代供は計り知れず大きい。心を圧力に釜にたとえれば、子供の否定はそのふたのようなもの心圧力釜のふたをいつまでもいい。

ある時私をたずねてきた二十八歳の主婦は、だれが見ても美人だというに違いない魅力的な女性だったが、ひどい抑うつ症に悩まさ れていた。以前はフラヮ—デザィンの仕事をしており、自分の店を出したいと夢見たこともあったが、失敗するのが怖くて実行はでき なかった。また子供がほしいと思っているのだがどうしてもできないという。夫婦間はとてもうまくいっているということだったが、 どうも子供ができないことが原因で夫に対する嫌いが生まれつつあるようにみえた。だが彼女の問題は夫に原因があるのではなかった。