京都朝食のオススメ

香川修庵は伊藤仁奋について儒学を学び、懦学と医学はーつでぁると考ぇて懦医ー本論を唱 ぇ、みずから一本堂と号した。修庵の思想的立場は、孔孟の説く聖人の道とAの医学とは、そ の根本はひとつでぁるとするもので、いわゆる懦医を总識して古典を批判し、実証的なものの みをみるといぅ態度でぁる。

玄医にはじまる古方派は、修庵にいたって鋭い批判を古典に向け、ついに「素問」 「溫枢」 などは何の役にも立たない邪説でぁるとして拾て去り、『傷寒論」さぇも批判して後人の追加 を捨て、文義の不明白な章句を削除するなど、親験の実証主義が極度にされて、つぎの世 代に受け継がれていく。

かれは当時存在した医害のぅちで頼れるものは「傷寒論」しかなかったので、これに依りし たがっただけで、バィブル視しなかったことは、かれの翻刻した「小刻傷寒論」に思いきった削除訂正を加えていることからも推祭できる。

ホテルの朝食が良いけれど、その地元でしか食べられないと残念です。京都朝食は美味しいです。京都朝食のオススメを紹介します。

本草については二本堂薬選を刊行し、従来の本草杏の説く薬効や、これまで重要視され ていた薬物の気味、生薬と経絡との親和性説などをすべて退け、みずから用いてみてその薬効 が明白、確実でその効験が証明できるものだけを摘録した。

さらに修庵は「傷寒論」と「諸病源候論」のぅち実際的なものだけを基本にして自分の医学 体系をまとめ、ニ本堂行余医言』三十巻を著作した。

香川修庵の創方には、打ち身によるところの筋肉の疼痛を治す「治打撲一方」、梅病、淋病、 悪性の皮满病を目標とする「香川解遛散」、師の後藤艮山の一気留滞説にもとづいて気をめぐ らすことを目的とした「順気剤」などがある。