朝食で理想的な痩せる方法

忙しい朝にも簡単・短時間で用意が出来る食事を食べましょう。ダイエット中に理想的な朝ごはんを紹介します。しっかり朝食を食べて健康的にダイエットしましょう。

朝食抜きは太る
朝はバタバタして時間がなかったり、お腹が空いていないなど、食べない人もいますが、朝食を抜いた場合、次の食事での代謝が低下してしまいます。昼食では脂肪が蓄積しやすい状態になっています。

人のカラダは空腹時間が長ければ長いほど、次に入る食事をできるだけ体脂肪に変えようとする「飢餓対応の働き」があると言われています。

朝食を食べるとダイエットに大事
朝ごはんをきちんと食べる事で消化器官を刺激され、便秘が解消されます。朝は食べたものが胃に入ると、その刺激が腸に伝わって自動的に腸が動き出すので、食べたあともお腹をスッキリさせやすいです。

寝ている間は体温が低下しているので、朝は低体温になっています。朝食を食べる一連の動きは、体温を上昇させ、血の流れを良くします。朝食をとることで、頭と身体を目覚めさせて、1日を活発に過ごすこともできます。それによって消費カロリーを増やせるというダイエット効果もあります。

朝食はパンよりもご飯のほうが噛む回数が多く、だ液がよく分泌されて胃や腸で消化しやすくなる上に、噛むことによって満腹感を得られやすいです。ゆっくりと朝ごはんを食べている時間がない人や、朝ごはんを食べるのがつらい人でも、美味しいジュースを一杯飲むようにしましょう。