朝食を食べない危害についてご紹介します!

1、脳に対する危害

たとえ脳組織の重量はただ体重の2-3%を占めても、脳の血流量が一分に800ミリリットルで、酸素を消耗するのが一分45ミリリットルで、砂糖を消耗するのが一時間5グラムです。若者の脳組織はちょうど発育期ですので、血、酸素、ブドウ糖の需要量は成人よりもっと高いです。血糖が少なくなると、脳意識の活動はすぐ障害が現われて、長期にわたると、必ず脳の重量と形態発育に影響します。

2、消化系統に対する危害

通常の状態では、前の日に食べたものは6時間を経て胃から空いて腸管に入ることになります。翌日はちゃんと朝食を食べないと、胃酸と胃の中にある各種のジアスターゼはすぐ胃粘膜を「消化」しようとします。このままでいけば、細胞が粘液の分泌する正常な機能はすぐ破壊され、胃潰瘍と12指の潰瘍などの消化系統疾病を引き起こし易くなります。

3、動脈硬化を引き起こしてさらに肥満になりやすいこと

多くの若い学生は太くなることが怖がって、朝食を食べません。このやり方は科学的な根拠が全然ありません。人体はエネルギーの需要に標準があって、朝食を食べなくて、必ず昼食と夕食の食量は多くなりやすいです。夕食後には運動量が比較的に小さいですので、脂肪を重ねて肥満になり易いです。

ですから、朝食は重要で、朝食、昼食と夕食の比率はできるだけ3∶ 2 ∶ 1のほうがいいです。こうしたら、一日中食べたものは体力の最も旺盛な時間帯に消耗することができます。