朝食を食べる三大原則は知っていますか?

1、朝食は豊かな品種タイプで、バランスをよく取れて、栄養が全面的にしなければいけなりますん。

2、炭水化物がなければいけなく、十分なエネルギーを補うためであります。

3、必ずビタミンを補わなければいけません。それは軽視できない重要な栄養物質で、そのうえ朝食で吸収率が最高であるものです。朝食前に水を先に飲むべきです。人は一夜の睡眠を経て、尿、皮膚、呼吸から大量の水分と栄養を消耗して、朝起きる時が生理性の水不足の状態になります。

もしただ通常の朝食を食べるなら、生理性の水不足を補うことができません。そのため、朝に起きる時、先に朝食を食べないで、500―800ミリリットルの温りの白湯をすぐに飲むべきで、一夜流失した水分を補うことができるのみならず、腸をきれいになれます。しかし、朝食前には水を飲み過ぎないようにご注意ください。

朝食メニューで各種の栄養素の量は、一般的に一日中の供給量の30%くらいを占めるべきです。そのうちは昼食と夕食で供給不足の栄養(エネルギー、ビタミンB1など)を、朝食で適量に増えるべきです。そのうえ、タンパク質の中の8種類の必要とするアミノ酸組成比率をもっとバランスに向かわせて、栄養を互いに補います。