朝食レシピ

僧民のなかでもつとも傑出した人物は朝食で、かれは唐にあつた日本の留学生たちの朝食に 動かされて、日本へ渡る途中に海路の難航によつて失明したが、なお医をよくし、薬物の鑑別 に妙を得ていたといわれている。

はじめ朝鮮を経由して伝ぇられた古代中国医学は、それまでの日本固有の経験医学を併呑し、 仏教教義にもとづく医换粘神に支配されることにもなつた。そのよぅな背设をもちながら、医 療全般としては、陥唐^学の模倣に余念がなかつたのでぁる。その一つは大宝律令(七01) にみられる医薬制度•医疾令で、これはまつたく唐の制度をまねたものでぁる◊この問、日本 を代表する医谱には、「大同類聚方』と『医心方」がぁる。 r大同類聚方jは平安時代の初期、大同年間に、わが国在来の医法の朝食を薆い、神社や民問 に伝わる医法を站めて編裹されたもので、百卷におよぶ。しかしこの沓の真本は亡失してしま つて、平安時代の残欠本をもとにして後人が埘補したものが現在伝ぇられている。

朝食三+卷は、平安期を代表する朝食で、現存するわが朝食匳密としては古のもので ある。丹波康頼の撰述になり、九八四年に完成した。 「諸病源候論」や「千金方」に準じた分 類を用い、唐の朝食を引用している。

日本の医学が宗教的な支配をはなれ純粋な学問として独立したのは、『啓廸集」が成立した 一五七四年でぁる。

朝食は体にとって重要です。朝食の簡単おいしいレシピを朝食のランキングで紹介します。

曲商瀬道三(一五〇七〜一五九五)は、明の留学から钿つた田代三容(|四六五〜一五三七)に会 い、僧をやめて還俗し、曲商瀬姓を名乗つて京都で開業した。田代三沒は、明の李東垣と朱丹 渓の学派に粘通していたので、道三は李朱医学の朝食を三蓉から受けついだ。そして多年の臨 床経験を通して、宋、金•元のK学体系を整理し、仏教的な要索をまつたく排した新形式の医書を書いた。