生活を朝食楽しむ

は、夜は私の自由な空間で、騒がしくの群衆と夜市を避けるため、私は一人で田舎の道に歩いて行きました.夜空は星とラウンド曲げる月、果林静かに,この季節に聞こえない牛蛙の唄おう.この道を歩いていた何度も知らないような、なじみの本を読む時は家から学校までの道の両側に見なくてもいい、私は、そこにある池を知っていて、そこにある溝、マンゴーの木の横レイシの木が何本、このひとつの最高のは芭蕉ました.花は美しいが、靑葉は最も長い.穏やかに生活して、もう1種の幸福である!

私はこの季節が好きです,朝食、蚊の刺さない、日はぬるいず.息が舒服、気持ちは自由について歩きます.私は歌を歌って、1曲は私の人生の歌を歌って、しかし不完全な記憶、いつもこの願望を満足することができません.先天性の特技はきっとあると思うが.この方面は今生は越えられなくて、ただ心と脳の交流は順調にできて.

70年の前20年と20年の変化は考えていなかったが、私たちの命は70から80、90、00になっても,それを乗り越えることはなかったと思う.命の花の元升の日をお祈りして、真っ赤な彩雲の彩雲、星空の中であのように丸い月.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です