心は老いては、朝食酒は歌が多い

私たちは、多くの生活、私たちの習慣性の瀋黙が少ない語、それ故に厳しい、多すぎることに興味を持っていない.といっても私たちに向かっているのは熟して,実は私達はゆっくりと離れた子供!

今日は1日、空間を開き、多くの人が子供の日の楽しみ、これは栄光です.実は私は子供の日の楽しみ、しかし私は知っていて、私は私達の幼年期はすでに遠く離れていることを知っています……

すぐに死なね

かどうか、日光の下で走って、草むらの中のシャトル、煙で笑い、水中で遊ぶ……今はどんなに幼稚で,しかしあの頃の楽しみか、暢気、無邪気な日差しの子供のころはどんなにすばらしいことか!

私はもし時間がないならば、私達はまだどのあどけないの幼いころあの会はどんなに楽しいだろうと思っています.それはただ一つの野望にしかならないだろう!小さい時私達はいつも渇望が成長して、あの時の私たちが一緒に話し成長した後の夢、私たちの無邪気なと思うように垂手可得夢.

私達は現実の殘酷を知って、適者生存、現実に悪巧み悪巧みが充満して,
,朝食、いわゆる誠実はだんだん流失していく……私たちは、幼いころ、それが心に託したものだから.

pは何事にもあり、過ぎては、もはや.私たちは本心しかない不老こそ、再続子供.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です