どの朝食くらい忘れて

窓の外の晴れた日

を暖かい太陽私の手元には、私にあなたのそばにいるの幻想、軽く引っ張る私に散歩するが、これはどのように私をごまかして、頭を下げて握りしめたその瞬間目覚めたい私はあなたの左側ですので、私は笑いながらぎりぎり転移注意を遠くのあの雲、もしかするとあなたもお気づきでしょう、それは私たちの前を記録した.

心配は見えないあなたが私の侧が焦って、私はそれに言ったところすぐ帰って来て、私は知って私はこの時間に円を描くようにできない、あなたは私が困るたくないので、あなたの選択を棄権した、過去の罪に自分に殘しておく.もしかすると私も同思いやり、あなたが更に私のために心配しなくて、彼があなたには止まらないの私にできるのが楽しくて、だから私は選んで離れて,あなたを抱いてわざわざ私の楽しみを分かち合うだけ殘して私の歌にも君と僕だけのアルバムを避けるために、ある時あなたを思い出す私は、あなたの生活に影響して、今度は工夫を凝らしてから遠く離れて,ただ自分を欺く.

私は一人で生活をよく生活して,
朝食、私たちの生活に付き添っているのはこの1つではあります.夜の真摯な会話も涙のあなた、どのくらいようやく私を忘れることができて、あなたの生活は種の蕭条の米がありません、私はだんだん試みてみた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です