夏の朝食夜の海辺は想像する

夏の夜,風は徐々に、空気の中から徐々に昼間の暑さを脱ぎ、一日の気持ちがだんだん消えていくようになりました.窓の外、風に煽られたこずえはずっとカサカサと音を立て、遠く海の想いを打ち明けている.海からの呼びかけが感じて、ふと、海水の味を聞いてみたくなる.

すると、手当たり次第にコートを取ったとすると、もどかしい自分を投げ捨てたこの静かで、涼しい夏の夜.にぎやかな商店街を横切って、にぎやかな大騒ぎを纷纷扰扰ごとの車輪を一緒に殘された後ろのほこりを遠ざけてくれるの熙攘人、耳障りのラッパはどんどん離れてく

一人は砂浜で、聞いて風の低吟海の風が、遠くのいさり火が見え隠れする.今、心は少し疲れて、遠く、思いは舞い上がる.おそらく、私はあの海上の1匹の沙鸥,自由自在な空高く飛んで;たくて、私はあの風中の1本のシダレヤナギ,朝食、気持ちをいっぱい梢をどんな良いのも悪いのも、この夏の独特な風景になる.

や風が少し大きい、寒くなった、たぶん海も寝て、ここはますます静かになりました……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です