実は、朝食私はとても簡単です

小さいころから,自分の楽しみをずっと探しています.子供の頃、両親のしつけが厳しくて、基本的にはその大門が二戸邁ないで、実は私自分だけ知って、私はどんなにあこがれて外の歓声にあこがれている.小さい年、自分は自由に飛ぶ鳥の夢を、自分は幻想的に変えて.同い年の小さい友達を見て、縦横無尽のドタバタ、私の目の中はとてもうらやましがっています.しかし私は抵抗することはできなくて、唯一することができるのはお父さんと母に手を引かれて両手を引いて.すべての人の眼中でかもしれない環境でこれから成長は全部の人に自慢の女の子で、しかしすべての人の予想意外かも、抑圧があまりに長いかもしれないが、年齢が大きくなって、私も二度と柳に撓う、私作った人たりな挙動、家出など一连の驚天動地のストーリー.

私は私の性格に従ってずっと訓練して、結果は私が後悔して、私は怪我しました.私も人の眼中になった乖乖女、天地は本当にどなりつける声はいつでも私の耳に入って、実は、重要で、本当に重要でない、本当に重要でない.私の過ぎたのはとても疲れた、私は感じて当初のような蚕繭を破っだけ、早く抜け出したいだけその圧力になるのが.私は後悔するのは悪い時には誤りを間違えた人ですが、私は後悔しないそれだけ抜け出して親の自分、他人の世界でのに疲れて、機械が停止した時、ましてやは血の通った人.人の圧力が膨らんでない時は、いつでも爆発して、それから収拾がつかなくなる.

今の自分はもうは子供を経験したことのない、いくつかのことをたくさんものも多く、わかりました.自分の家族、友情、愛情を持ちたいと思っています.実は、私はとても簡単で、しかしすべてすべての事はすべて望みます、神は停止して私を試すことを停止させて、私は一回一回一回絶望することをさせて、一回一回一回私に望んで、このように輾転反側て、すべて私にはっきりさせました.私は親の暴言とぶつくさ、ぶつくさ、実は、私は慣れて、本当に慣れてしまった.家は私がだんだん遠くになって、その味は鼻を通してちょっとだけしかできないことができます.親に見える髪ドープのあの1のちくちく白髪、私心をつかまえてとても痛い、一回に近づきたい二老のに,またなる.親が求めすぎるのは、やはり私があげた希望が少ない.実は、私はとても簡単で、ただ希望両親が私に精神の上の鼓舞と支持を得て、それは何も慰めの言葉が、希望はいつも私の毎回幻想の中で破滅、言わないのか、私は黙って受け、絶えず自ら慰めだけが、私にとってはうれしい逞は一時の快楽、笑って笑い、悲しみはその深いストーリー、いつも私は安心することができ.本当に、私の要したのはとても簡単で,朝食、欲しいの温度があることに値して、私に恋の家は、底なしの淵暗すぎて、ただ曙光が施し点を注いだ私の身の上.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です