「壬辰年遠観の朝食馬嶺峡穀記』

<p」『壬辰年遠観の馬嶺峡穀記』<>

壬辰の夏、既望六月、退廃の暮れ、心にして、日本へ马岭之から時にしても、快く奇観!

p>が退廃<黄昏、友となって定の、日本へ兴义アトラクション、車馳疾風、矢の絃の髪は、木の後ろに走って逝く.瞬く間で嗅ぎ水瀑声、例えば雷佩环.心にニオイの趣、窓をあけて、兴义马岭之仙境も.碧崖に対し、清狂遺憾なく、弔り橋臥その上、天の瑶.両岸の壁漄、飛瀑の直流、水煙つるを、雄大溅溅を石、通行人もそのかぐ.碌な千軍万馬の勢いなど、其の所止;ゆらりに遗世独立羽化登仙よう、で

は橋の上で、右から窓を開けて遠視、山曲糸のようだ、婉亭々玉女舒床眠臥,颜俊微思.崚山はかすかに蛹動、その頂戴暮之陽.斜陽の上で、飛鳥好き语风香、切れて陽の自由.は徹思のは、詩と詞賦曰:落葉芳菲戴晚晖、煙が遅い悠回双宿鳥.記に、遮光を影から、帰っても美しい景色、山川相カミーユ、鬱な灰色、酔って蕴酿.

p>は目下<うつむいて、静影漂っ波、碧木化粧靑、野鳥乱鳴き、煙を追い芝居、流れに逆らう滢荥石、キスしないことを抜け出し亡、直水乱石飛珠.例えば笙歌遺伝が鳴り、余韻嫋嫋としている、ダンスの幽壑の逐浪、悦泫然の独婦.は女のような渋い紗、暴脾臓の男はのように、時には全て怒り、石、木の具の、従いも.この境地は、世の奇伟、とても観、常に跡は稀遠く.という、野目は小さく、心闊乾坤乾坤の仏様がある.愛玩は十足ず、永久にも飽きない,
.置余は天地の間には、まだ四海の一滴、また哀吾の生の一瞬の間、羨飛瀑の尽きることがない.同じ蒼樹としては、樫と長い.

夜の初めの時に、山のネオンを引き立てる,意水旋回溯洄の、道端道侧、街燈群队後に歩いて、若橋黒明分、山の線も.こげは暗くて、橋は空の冥、これは勇壮の景色も.山川の景逸然ので、有名で芳菲菲チミ章が客認.だからて吾後見するを賦に兴义马岭、千壁揺れ靑、両岸碧水の急流、長橋に截細終わり.だから興懐、録その感のように、故に真理と起き、切れ糸の細くて、氷薄之裂、身をもって体感ときの選択.今當観覧者も心が上品である.

pは海に

をしている6月26日

6月26日

滢荥:水回転の様子.

痴情:痴情:痴情:痴情

は痴情

瑶:古代の神話の中の天池.

弥章:もっと明らかで、章通彰

崚山:山高大の様子.

紆余曲折:紆余曲折、遠回りになる.

PP抜け出さ:すり抜け:抜け出さ:抜け出さ気心脾:脾気:脾気荒く、衝動的な靑年.

溯洄:遡上.

に接する:本当に理論.

舞幽壑の逐浪、悦泫然の独婦:深い穀の水を舞い,朝食、涙の少女が楽しい.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です