どの朝食ように性病- 2梅毒

瘡毒

2 .梅毒

<p」梅毒は、梅毒螺旋体による症状慢性性病,朝食、その復雑でバリエーションが豊富で、病気の経過は大別して三期、民衆がなじみの梅毒血清反応は(vdrlとfta-abs).<> p初期梅毒

に感染梅毒を感染後、3週間平均3週間で、性器が痛くなる軟らかい塊状を破れ、弾力のあるボタンを触り、硬性下疳と呼ぶ.これは、大量の梅毒螺旋体、伝染性は非常に高く、しかし、血清反応は、すべての可能性があります.治療、硬性下疳数週間後に自動的に癒合して消え,第二期梅毒に入る.

p二期梅毒

下疳は下疳から全身に広がり、倦怠感、発熱、痛みと全身性の発疹、花咲く、梅毒という名の名はそこから.二期梅毒は数年の間に1年の間もない時間も自動的に消え、劣性期に入ります.

劣性梅毒

は劣性梅毒

この期に全く症状のない初めての頭から感染一年無症状期、早期劣性梅毒、感染性が高い;以上一年以降の無症状期、末期の劣性梅毒、感染性の低い.多くの患者は初期か二期梅毒の症状で、しかも直接入っ劣性梅毒や発展成三期梅毒ので、病人自体は自覚、多くが例行性検査(例えば健康診断や手術輸血前)に気づい梅毒反応.この期に体内は螺旋菌が存在して、体に対して組織も破壌性;女性患者より胎児に伝え、胎児の先天性梅毒、流産、死産児.

p3期梅毒

いわゆる第三期梅毒とは体が現れる梅毒腫(gumma)が、通常に感染後3~10年、多くが皮膚の皮下組織や骨格筋の中で、梅毒腫は命にかかわるので、良性三期梅毒と呼ばれる.

以上の叙述から、梅毒は初期の硬性下疳、二期の梅の開放と三期の梅毒は腫れていて、そんなにひどい,なぜ防除するのか.一般的に3分の1の早期梅毒血清反応も自動的に全快、陰性になる;三分の一は劣性梅毒血清反応は陽性で、無症状ですが、また三分の一は侵犯血管や心臓、に心臓血管性梅毒や脳脊髄を侵略に神経性梅毒は数年後に発生するが、深刻な後遺症、甚だしきに至っては緻命的です.また病気の母親の無実の胎児に伝え、先天性梅毒ため、防しなければならない.

と診断に、皮膚上の症状(下疳と発疹)の外、2種類の方法で診断を確立することができます.

p> <いち.硬性下疳(初期梅毒)の病巢にいくらかのふけが、顕微鏡で、もし見つけられる螺旋体は、確定は梅毒.

に.梅毒血清検査:筛检用のVDR>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です