「雨水」養生は漢方薬の朝食保養に適して

雨の節季は、最も重要な雨水が自然界の影響によって、養生は、雨水の養生の重要性を強調しているべきである.漢方医は、明後日の本、血気生生物源、という強弱の強さは人の寿を決定する重要な要因であると考えている.明代张景岳提出:地味医学の家は万物の根源は、胃气養生の主.胃は強くて、胃が弱いことは弱くて、胃は生んで、無胃は死んで、摂生家にしても好みの家にする必要がある.(五行と五臓の関係の中で、五行の土に対応する五臓の脾臓)『図書編·汚いガス汚い徳」、养脾者、修養も、修養者、養生のも.明らかに、好みの夫婿は人々の健康と長寿の基礎.養生の好みの具体的な方法により自分自身のことを選択的に食養生調節、薬物と起居労働と休息调摄.飲食の調節:春の気候は暖かくなって、しかし多く物乾燥しがちな風、皮膚が乾燥し、言葉、唇が荒れるなどの現象を食べる必要があるので、新鮮野菜、ジューシーフルーツ人体の水分を補充する.春は万物の生のために始まってから、陽気は越の季、油っこいの物、こってりの物を少なくして、愛之助の漏えい、さもなくば肝の木は生んだことがあって、g脾土.唐代の養生学孙思邈『千金方』には春は72日、省酸甘を増加して、性質を養い.5行の中肝属木、味は酸っぱい、脾は土、味は甘、木は土に属して.だから、春の食事は酸味を少なくし,甘味を多く食べ、脾臓を飼っているのです.選べるニラ、チャンチン、ユリ、エンドウ豆苗、シュンギク、羊飼いの財布、春のタケノコ、山芋、レンコン,裏芋、大根、クログワイ、サトウキビなど.『千金月令」:正月宜食粥、……一曰に黄粥、腎臓を補って.(鮮ジオウの150グラム、突き汁の予備、うるち米ごじゅうグラムをきれいに洗って、氷砂糖の適量、同1中に適量の水、おかゆの後は、鮮ジオウジュースを入れて粥、とろ火煮にじゅう分つまり良い.二曰防風雑炊、四肢を取り除く風で.防風1部、ソテーをとり、おかゆを煮て.三曰しそ、しそ1分、マイクロ黄色、やや香りのある時、ソテー汁を煮ます.食べては冷たいものがネバネバ傷として食べる.薬物養生:好みの化学的機能を考慮し、それに陽陽で陽陽の法、とを考慮して.精神调摄:“一般に怒り、悲思、恐れも、傷んのため、精神调摄で心を静めて寡欲、みだりに作労を飼って元気
起居労働と休息调摄:リビングがよく、切り替え.つまり自然に適応し,朝食、自然保護活力に変化の法則を生命過程のリズム、時間、空間と4時は気候の変化の調整を行うことにする、健運の好みは養生、明後日、長生きの目的.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です