風邪の朝食初期の巧で処方ななしちようなグループに風邪薬を慎む

冬季ウイルス、細菌が成長し、インフルエンザウイルスもあちこちで、インフルエンザの.風邪薬は、多くの人が薬局で風邪薬を買って自ら服用して服用して.しかし、老人、子供、妊婦、慢性病患者等の特殊な人が、医師の意見に、風邪薬を服用し、特殊な医学指標があるからだという.また、風邪症状によっては、薬も違いの.次にいくつか風邪の薬を共有常識:風邪初期巧用小処方漢方医は寒失調、過労、緊張し、リビング不規則などの情況の下で、人体防ぐほか邪に襲われた機能不全に侵入し、邪気風邪を招く.近日、北京医学局管理局は、風邪初期症状を緩和するために、北京の漢方薬の管理局にお勧めしました.寒風と寒気が重い風邪:鼻づまり、くしゃみ、鼻水、咽頭流清かゆくて、咳、痰清稀色白、悪寒、無汗、頭痛、節の痛みなどの症状は、風邪を引く寒風と寒気をとるべき辛は暖かくて、解表、宣肺散寒の方法.北京漢方医の管理局の推薦するインフルエンザ予防の方は:ショウガ10グラム、ナツメ5グラム、水のソテー服.寒風と寒気の風邪の症状には极轻時に使う.もし病状は明らかに、みんながまだ医師の指導をくわえますシソの葉、淺い靑色、生姜、防風などの漢方薬薬.風の熱い風邪発熱:もし自覚(体温上昇明らかに限らない)、ちょっと感悪寒、頭痛、鼻づまり流濁鼻水、口が喉が渇いて、喉の腫れ、咳・痰の黄粘は濃い痛みなどの症状は、風の熱い風邪;辛涼をとるべき解表、清肺透邪の方法.この時を选択することができますこの小さい処方:キンレンカさんグラム、ミントさんグラム、生甘草さんグラム,代の飲み物.ちょっと重い症状に选択することができます含有レンギョウ、板藍根、淡竹葉、セボリー、ゴボウシ,蘆根、コガネヤナギ、生石膏などの漢方薬の治療薬.注意しなければならないのは、もし風邪を引いた時を超え38°体温;C、全身だるくて痛くて、疲れて無力感などの症状が明らかで、深刻なことが現れて、甚だしきに至っては胸の痛みを引き起こす咳、あるいは風邪の時、自分に薬を飲むさん日も効果はよくなくて、直ちに医者にも遅れがないように、取引から、甚だしきに至っては他の病気.以下ななしち類人.風邪薬いち、肝機能,朝食、腎不全ほとんど風邪薬を通過しなければならない肝や腎代謝排泄、風邪薬の中のいくつかの成分は肝臓の腎臓の機能不全患者の影響がある.ほとんど風邪薬などに含まれるアセトアミノフェン、肝機能、腎臓の機能が正常で、患者の解熱鎮痛作用を果たすことができるけど、肝臓の功、腎不全患者功、アセトアミノフェンは強めの肝臓の腎臓の損害に対して.に、高血圧患者に含まれる塩酸プソイドエフェドリンの風邪薬を軽く鼻腔粘膜の充血作用、これらの薬は毛細血管収縮上気道の粘膜を軽く鼻咽頭部充血を排除し、鼻づまり症状.しかし同時に、塩酸プソイドエフェドリンも血圧が上がる、しかも昇圧作用を促して持久に加えて、動悸が速くなどの不良反応、高血圧患者の病状を強めて、甚だしきに至っては命の危険をもたらす.3、糖尿病は腎臓機能が全多くの糖尿病の人がすべて合併して腎臓を合併して、この部分の患者は勝手に風邪薬を使って、漢方薬を含んで、腎臓機能を損なうことができるかもしれない.4、児童児童特に幼児の神経抑制メカニズムが健全ではない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です