よくあるヨガの朝食瞑想の姿勢は自己の心を解放して穏やかに回帰して落ち着いて

ヨーガは今人気のフィットネス運動、ヨガ初心者として、最も基本的なヨガの黙想から練習することができます.以下の小さい編はみんなに紹介するヨガの瞑想の姿勢について.

にはありふれたヨガで瞑想しているというのがあります:

pヨガで瞑想して1:霹靂は

p> <いち)両膝近寄る土下座すねと足の甲に貼って地面に、かかとの分離、両足の足の指がかすかに接触が重なる.

お尻は両足の内側、同時に手のひらの心は下に、太もも部位、背筋伸ばし.

自然呼吸,意識集中は鼻先に集中していて
.注意しなければならないのは練習の時,朝食、リラックスして肩をリラックスし、背筋の圧力を軽減し,足のしびれを防止します.

P効果:膝関節、全身過多脂肪.食後10分後には消化を促進し、胃酸過多、胃潰瘍など、胃潰瘍を治療することができます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です