バタフライの朝食アクションポイントバタフライの技術ポイント

胸脇圧、肘尖去る腹,ヒップアップ、水に入れて鉄則.側圧ストローク、内をキック、虎背あがり、后摆弾アーム.肩をすくめる振られ腕、悠に移すの翼、取り扱い注意、肘の達人が低い.足から足が落ちて、腰の背骨、蛇の形の波状、初の旗.

p動作構造と技術のポイント

p> <いち、背中泳から、手は肩幅位置に水に足足底下準備を始めて曲げて、動作、頭を少し前傾.

に、折り返し時腕による運動量、両手を加えて瀋んで、筋力、腕を斜線の外漕ぎ.両足の下で動作が始まる.

さん、キックし続け、ストローク.足の下で蹴りの反力にお尻を引き上げて治水面.ヘッド開始.

4、両腕は下へ、最大幅,朝食、肘関節につり上げ.両足は第1回の汲む動作を完成する.

p5、手は体が体を下にし、90度に接触する.

6、手の上腕の下、肘が体に接近し始めて.両足が水を汲む始めて.競泳の首から屈撓、頭の微は水中に瀋.

ななしち、両腕で水面から始め、折り返し動作.両足を伸ばしに、膝関節、頭部の低下を折り返しアクションよりやすい.

8,両手は肩を振る、手のひらの下には、肘関節完全にストレッチ.両足は足の底から屈.

9、両手は水中に瀋、太ももと同時に動作する.膝関節屈撓が大きくする.2足は水面に接近して.

p> <じゅう、そのストロークの最初の段階で、足の下を動作が完成に近づく.水泳員は前の循環息を止め、アーム漕ぎ開始と同時に、呼気動作.上腕の回転が高肘の位置による.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です