どの朝食ように科学の登山の仙丹の仙丹は科学を講して科学を話して

爬山(前提は山の海抜高度、勾配、這っ)は1項のきわめて良い運動で、それはスタミナと脚部力を高め、心肺機能を増強することができる.さらに心の広い、愉悦と心身のきわめてよい方式.でも、山登りも、科学を話すことです.概括して、人によって、遅速によって、遅速になります.

爬山以下、爬山以下、膝関節のけがは最もよくある.膝関節の解剖学の特徴から決められた.膝関節関節嚢、堅固な靭帯と半月板の制限下.しかを前に伸ばして後屈.まわりの筋肉が少なく、血管が疎ら、構造が複雑である.ひざを曲げた時、靭帯たるみ、少しうっかり、ケガを生成することができ、捻挫、過労など.次は足首関節は面積は大きくないが、全身の重さを担うやすく、礅傷、吐き出す傷や、道が不平、道が滑る、突然足をくじいて下りなど内反傷.また山が長くて、過労や不当などを生む腓腹筋などの疲労損傷.

どのように科学の登山に登山して、体の健康は科学の

を話して、科学<P>を言いたいです

登山者が多いの靭帯、筋膜、筋肉,朝食、腱鞘などの部位の損傷は、医学的にと呼ばれる軟部組織傷.主は微細繊維の引き裂く、局部は腫れている.すでに発生した場合は活動を休止し、数日後に適切な機能を補佐して鍛えて、自然治癒し.骨の骨があるとしても、別としては別です.

pは、登山には科学的な<P>があります爬山,間違いなく体力活動.汗だく汗、歯がゆい呼吸、体内に大量の水分をなくして、直ちに補充する必要があります.しかし水は何度も飲んで飲んで、羊が草食のように.一度の入水は心の心血管の余分な負担が増加することができます.

下山時、注意する必要が集中して、きょろきょろして、遊んで遊ぶことができません.肢体の損傷、思想が集中的に集中していることが多い.いわゆる上山下山は難しいということです.

p体質の強化は,簡単なことではない.鍛えている人に対して、突然突っ走っ烈火の運動、短期内で機体の免疫機能を下げることができます.これは、突然の分泌が増えて皮质酮を単細胞の細胞因子を釈放し、細胞因子は人体の免疫の機能の促進発剤.偶然の登山者、大男淋漓、脱水行き帽、山風侵筋が身にしみる;可能の帰り道、感口舌苦しみ、鼻流涕抵抗.長座オフィスに長座する者には、防備せざるを得ない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です